脱毛法は日々技術が発展していることがわかる

脱毛法はさまざまなものがある

いまエステティックやクリニックでされている脱毛法は3つあり、ニードルは毛穴の一つ一つに入れて電融を流して、熱で毛根細胞を破壊します。古くからされていて、高い脱毛効果を期待できます。黒い色のみ反応する波長レーザーを照射し、熱で毛根にダメージを与え脱毛するのが医療レーザー脱毛法で、出力が高く医療機関のみで扱ってます。そしてエステサロンでされている主流の脱毛法が光脱毛。医療レーザー脱毛と原理が同じで、レーザーと比べると照射する光の力が弱いといった特性があります。

男性なら着替えではみ出たりする

男性の陰部脱毛はメリットがあって、スポーツクラブの着替えやプールではみ出すことがないです。日本人の陰部の毛は割と濃くて、陰茎に引っ掛かり不快に感じたりすることがあり、陰部は下着、服に覆われ、蒸れやすいです。毛が薄くなることにより、むれが軽減されます。そして普段人目に触れないところで、ビキニラインは温泉で気づかれることもありますが、肛門周りは気付かれません。脱毛法として、光脱毛やニードル脱毛があります。

新たなる脱毛法が開発されている

今までの脱毛法は、成長期の毛に熱でダメージを与え生えないように擦るものですが、これと全く違う原理がハイパースキン脱毛。これは生えている毛を処理するのでなく、毛が抜けたあと再び生える前に生えにくくする方法。特殊な光線を怪我皮膚表面に出る前の休止期の状態の毛に照射して脱毛処理をしますが、こうしたことができるのかは理論的には不明です。毛穴は毛が抜けた後次の毛を作る準備で発毛因子を作り、これが成長し毛となります。因子がなくなると毛が生えず、ハイパースキン脱毛は特殊光線を照射することにより、因子消滅させ、毛を発生させないようにします。

医療脱毛というのは、医療施設において医師が施術を行うため、より安心して施術を受けられるというメリットがあります。